本サイトは髄膜炎菌感染症の啓発を目的として一般の方を対象としております。

髄膜炎菌ってなに?

菌の特徴

髄膜炎菌は、健康な人も持っている細菌で、
誰でも感染する可能性があります。

髄膜炎菌は、まわりを莢膜(きょうまく)という厚い膜に覆われた細菌で、ヒトの免疫機能によって排除されにくく、体内で増殖しやすい特徴があります。莢膜を持つ細菌には、他にヒブ(Hib:インフルエンザ菌b型)や肺炎球菌などがあります。
髄膜炎菌は健康な人の鼻やのどの粘膜に存在しています。人から人へ咳やくしゃみによってうつり、鼻・のど・気管の粘膜などに感染します。

髄膜炎菌の特徴※1
髄膜炎菌の特徴

菌の種類

髄膜炎菌はいままでに13以上の種類が発見されています。

日本での侵襲性髄膜炎菌感染症患者由来の
髄膜炎菌血清群※2
日本での侵襲性髄膜炎菌感染症患者由来の髄膜炎菌血清群

髄膜炎菌には、13以上の異なる種類(血清群)があります。 このうち、A群、B群、C群、Y群、W-135群の5種類が感染の原因となる場合がほとんどだといわれています。
日本で2013年4月〜2017年10月までに届け出があった侵襲性髄膜炎菌感染症の160例の血清群をみてみると、Y群が一番多く、次にB群が多くなっています ※2

「よくわかる髄膜炎菌」 から外部サイトへ移動します。

外部サイトへの移動をご希望の場合は、「はい」を押してください。
サノフィ株式会社は、外部サイトの情報について一切の責任を負いません。

よろしいですか?